カテゴリー別アーカイブ: 札幌市自立支援協議会

厚別中央振興会 秋季防災訓練

11月13日(日)。

平成28年度厚別区厚別中央振興会秋季防災訓練に参加をしてきました。

前半、要配慮者の安否確認や、障がいのある方へ災害時の避難を手伝う際の留意点などについてお話をさ20161113-atubetubousaiせていただきました。

厚別区は今年8月のゲリラ豪雨の際に実際に浸水被害を受けています。

今回の避難訓練も同様の状況を想定し、単位町内会ごとに分かれ、被害の段階や想定される状況によって具体的な連絡体制や誰がいつどのように動いていくかなどについて訓練されていました。20161113-atubetubousai2

各町内の地図を元に、被害地域を実際に書き込でいき、実際の被害があった際の動きの確認や、どのように支援者が要配慮者といわれている方々の支援にいくかなどについても具体的に地図上で訓練をされていました。

実際の要配慮者と支援者の自宅に記しをつけながら訓練をされている町内会もあり、町内会単位だからこそ考えられる細かい配慮や視点をお聞きすることができました。

町内会の方々が真剣に要配慮者といわれる方々の避難支援について考え、工夫をされたり意見を交わされており、改めて「近所」の大切さや取り組みのすばらしさを感じる訓練でした。

参加させていただき、ありがとうございました。                            (sat)

 

 

北区防災訓練に北区地域部会が参加!

9月8日(木)。
13時30分より北区の和光小学校体育館で『北区防災訓練』が開かれました。
img_0621   img_0634    img_0645   img_0646
  (入口にはスロープ)   (全校生徒が体育館に避難)     (地域部会メンバーには席が用意) (生徒と町内会の方が協力して
                                                  段ボールで間仕切り設営)

この訓練は、毎年1回、区内の連合町内を一つずつ廻りながら実施しているとのことで、今年度は麻布連合町内会と北区が共催して和光小学校を会場に実施されました。参加者は和光小学校全校生徒の他、連町、消防署、消防団、区役所、北区地域部会全部合わせて約540名。
 img_0647   img_0649   img_0658   img_0665 
(プログラムの3番目の「車椅子操作訓練」 部会長が車椅子の開き方・たたみ方から基本的な操作の仕方までを説明 部会メンバーもアドバイス)

北区地域部会では、昨年度からこの防災訓練に参加し今年度は2回目。昨年度は「少し参加」した程度だったとのことですが、今年度は席も用意され訓練のメニューに新しく盛り込まれた「車椅子の操作の仕方」の講師として地域部会のメンバーが大活躍されていました。
      img_0681      img_0675      img_0677      img_0678
   (体育館の外で行われた「煙道通過訓練」   ” 煙がもくもく ” の中を無事追加!   車椅子でも体験できるよう配慮されていました)

北区長、連合町内会長の挨拶(開会時も閉会時も!)の中で「今年度は自立支援協議会のみなさんにも参加いただき」と触れられるなど、地域部会がこの防災訓練にしっかり位置付けられていると感じました。
 img_0691  img_0693  img_0685  img_0694
    (体育館の中では  「応急手当訓練(三角巾)」  「応急担架作成」  「AED取扱訓練」 も行われ部会メンバーも参加されました)

     img_0669      img_0695     img_0697
(部会メンバーから熱心に話を聞く町内会の方々)  (最後にはアルファ米の炊き出しが配られました)   (「ここで相談受けるのかな?」と相談員)

ワン・オールでは、この4月から札幌市より『誰もが住みやすいあんしんのまちコーディネート業務』(*)を委託されました。 この事業は、障がいのある方の災害支援について、お住まいの 地域で具体的に推進しようという従来にない事業です。 北区地域部会のような取り組みが全市的に広がるよう努力したいと感じました。
*詳しくは、ワン・オールプレスvol.11(2016年7月12日発行)をご覧ください。
                                        (oku)

相談支援部会【全体会・定例会】

 

4月20日(水)14:30~、札幌市役所にて相談支援部会の全体会・定例会が開催されました。
はじめに4月から始まった”障害者差別解消法”について、市の担当者からお話をしていただきました(→札幌市版のパンフレットはこちら)。
障がいのある人もない人も共に生きる社会…。
それをつくっていくのは私たち市民なのです。
研修の後には、「自立支援協議会全体会」や「子ども部会」、「札幌市認知症支援事業推進委員会」、「委託改革推進」での活動について報告がありました。
また、ガイドブック改訂チームと要綱改訂チームについては今年度どのようにしていくのか、色々と意見を交わしました。特に要綱改訂チームの活動が、委託相談のあり方や本来業務について考えるきっかけとなったことから、今年度もぜひ継続した方がいいとの結論に至りました。
最後は駆け足どころではなく、猛ダッシュ!での各事業所からの報告となりましたが、新しい役員も決まり、相談支援部会、新年度スタートです。(yos)

第25回札幌市自立支援協議会 全体会

3月25日(金)に、今年度2回目の札幌市自立支援協議会全体会が開催されました。

IMG_0552 

 はじめに13の部会から、部会運営で工夫していることや困っていることを中心に、報告や意見交換がされました。その後、まちの課題整理プロジェクトチーム(通称/まちプロ)から、各カテゴリごとの課題解決に向けた取り組み状況と、『さっぽろ障がい者プラン』見直しアクションについての報告が有りました。まちプロについては、課題の交通整理の場だったはずのものが、課題解決に向けた取り組みも行うようになってきているのではということから、今後協議会内の組織の役割や構成員などを検討していくこととされました。

IMG_0558 ここまでの報告等を一冊の冊子にまとめた『平成27年度札幌市自立支援協議会年間活動報告書』を、協議会の会長から、札幌市障がい福祉課の担当課長へ提案としてお渡ししました。

 その後も、自立支援協議会における研修体系の整理についての検討や、まちづくりサポーターからの活動報告と、発達障がい者支援関係機関連絡会議からの報告がされました。今回の協議会の資料などについては、こちら(札幌市のホームページ)からご覧いただけます。

 委員のみなさま、傍聴されたみなさま、遅くまでお疲れ様でした。

(hay)

平成27年度第3回企画推進室研修会

2月26日(金)14時 札幌市視聴覚障がい者情報センター

IMG_0516kakou           札幌市自立支援協議会相談支援部会のプロジェクトにあたる、企画推進室の研修が開催されました。今回は今年度3回目の研修で、野中式事例検討をベースにグループワークを取り入れた研修会でした。

IMG_0531事例提供者からの基本情報の提供のあと、参加者のみなさんからの質問と、事例提供者からの回答を繰り返しながら、情報を増やしつつ、ご本人の現状や背景、主要主題を把握するアセスメントをしていきました。

 

 

IMG_0529プランニングでは、本人と支援者の行動指針を出し合い、十文字表(急ぐ急がないの横軸と、本人とまわりの縦軸)に整理していきました。この十文字表は、事例提供者のお土産として持ち帰られました。

 

 

今年度の研修は今回で終了です。今年度の企画推進室構成員のみなさま、ありがとうございました。研修にご参加のみなさま、お疲れ様でした。

IMG_0517

(hay)

 

第24回札幌市自立支援協議会 全体会

10月26日(月) 今年度初の、札幌市自立支援協議会全体会が開催されました。

20151026kyougikai-zentaikai はじめに、今回からの新委員の紹介があった後、「札幌市地域ぬくもりサポート事業」と「障害者差別解消法への取組状況」、「地域生活支援拠点整備」の3つについて情報提供がありました。「札幌市地域ぬくもりサポート事業」は今月から対象地域を全市に拡大したばかりのワンコインボランティアの仕組です。詳しくは札幌市のホームページをご覧下さい。

 その後、まちの課題整理プロジェクトチームの進捗報告と、13の各部会の運営で工夫していることや困っていることの報告と意見交換がされました。まちの課題整理プロジェクトチームでは、「重複障がいに関する課題」について有期限のプロジェクトで実態調査などを実施。「行政の仕組み課題」についても、アンケートを実施。「移動課題」については、調査研究の検討を行っていることについて報告されました。13の部会の報告では、災害時を想定した防災訓練に地域部会が関わっていることについてや、協議会の財源や研修実施についてなどの意見交換がされました。

今回の全体会資料については、後日札幌市のホームページにもアップされる予定です。

(hay)

 

やさしいまち「とよひら」福祉フォーラム2015

10月25日(日)。
豊平区民センター大ホールにて、『やさしいまち「とよひら」福祉フォーラム2015~障がいってなぁに? ” 知ること ” ” 感じること ” から始めよう~ (→チラシはこちら)(→プログラムはこちらが開かれました。フォーラムは今年で9回目とのことです。
20151025toyohira2雪交じりのあいにくの荒天でしたが、主催の豊平区地域部会で準備した150個の無料リンゴが全てなくなるくらいの盛況でした。
オープニングは約30年前から活動続けている、地元豊平区の小学生達によるキリッとしたマーチングバンド。
20151025toyohira3続いて障がい当事者方々によるトークショー「知って下さい、わたしたちのこと」。
3名の方がそれぞれが、自分のこれまでの苦労や今の楽しみ、これからの夢などを語ってくれました。
20151025toyohira5札幌市こころのセンターからは、札幌市の自殺の現状報告と自殺予防の大切さとその方法につい ての話。 (→資料はこちら
20151025toyohira6そして、とりは「統合失調症がやってきた」と題してお笑いコンビ” 松本ハウス”による講演。松本ハウスのハウス加賀屋さん自身の病気との付き合いと、相方である松本キックさんの加賀屋さんとの付き合いについて、たくさんの笑いを交えて深く話してくれました。
                                                公演中は撮影禁止…芸能人!
地元環状通「リンゴ並木」でとれたリンゴの配布、区内の事業所の出店や地元コミュニティFMの「FMアップル」パーソナリティによる総合司会など、地元の力を集める工夫が随所にありました。
20151025toyohira120151025toyohira720151025toyohira4

     (oku)

東区地域部会運営会議

9月29日(火)。
東区役所3階にて、毎月開かれている東区地域部会運営会議がおこなれました。
会議の冒頭、「まちの課題整理プロジェクト」(まちプロ)の事務局も参加し、東区地域部会からまちプロに提起され、その後、東区地域部会で取り組まれてきた『ヘルパー技術向上のための研修会』等について話し合われました。
20150929higasiku会議では、ヘルパー不足は深刻で全市、全国の課題でもあること。 ヘルパー・スタッフの確保の課題とともに、現に働いているスタッフの質の向上と定着、それらを推進するための管理者等の役割の重要性も指摘されました。
今後は、区を越えてこれらの課題について話し合える環境が必要であると話し合われました。
この他、「子ども部会」の設立に向けていよいよ動き出す、同日夕が方からの運営委員会のことや、区内事業所から上がってきた地域課題(虐待対応)についても話し合われました。
                                                                                                                       (oku)

白石区地域部会 第1回学習会

9月28日(月)18:30。
白石区保健センター2階で、白石区地域部会内におかれた研修部会による学習会が開かれました。
テーマは、「計画相談支援について~サービス等利用計画やセルフプランってなに?~」
この日は、毎月開かれている16:30からの定例会に引き続きの学習会でしたが、集まったのは約70名!
参加者は、障害福祉サービスの事業所の方、介護保険サービスの方、行政の方などでした。
相談支援が生まれてきた背景や計画相談の仕組みなどの講義のあと、8つに分かれてのグループワーク。
各グループには、委託相談支援事業所、指定相談支援事業所のスタッフの方々がファシリテーターとして入り、話し合いの進行をしつつ制度の仕組みなども説明していきました。
参加者にサービス等利用計画に関する書類等一式が配布されたり、ファシリテーターの打合せが事前に開かれるなど、準備に余念がありませんでした。
ワン・オールは前半の制度説明などのお手伝いをしてきました。
なお、この学習会には、札幌市に視察に来られていた、函館市の基幹相談支援センターの方々も参加されていきました。
                                 (oku)

平成27年度第1回企画推進室研修会

9月11日(金)15時 札幌市視聴覚障がい者情報センター大会議室20150911kikaku-ken0120150911kikaku-ken03

今年度第1回目の企画推進室研修会が開催されました。企画推進室は、札幌市自立支援協議会相談支援部会のプロジェクトで、地域課題の共有と解決に向けた取組のための事例検討や研修を企画、運営しています。

今回の研修では事例を参加者全員で共有した後に、札幌市のサービス等利用計画案の様式を活用して、各々計画案を作成し、グループ毎に意見交換をしながら計画案を作成。最後は6グループそれぞれから発表をして会場全体で共有するという内容でした。

20150911kikaku-ken04普段は、相談者の方と相談員がそれぞれ個別に行っていることを、お互いの意見やアイディアを共有することができる貴重な機会となったようです。

企画推進室研修は、札幌市内の相談支援事業所の相談員を対象に、今年度あと2回開催される予定です。

(hay)