カテゴリー別アーカイブ: ブログ

清田区災害時要配慮者避難支援研修会に行ってきました

 まずは、九州地方豪雨の犠牲となられた方々に心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災地の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。今回の災害で被害を受けられた皆さまが、一日も早く平常の生活に戻られることをお祈り申し上げます。 

 

 7月6日(木)

 あんしんのまちコーディネート事業関係で、「清田区災害時要配慮者避難支援研修会」へ行ってきました。

 内容は、行政説明として「避難行動要支援者名簿による要配慮者避難支援の取組み」について、清田区保健福祉部保健福祉課の帯野課長よりお話があり、後半に「要配慮者に対する避難支援の円滑な進め方」と題して、ワン・オールの大久保より「誰もが住みやすいあんしんのまちコーディネート事業について」や「コーディネーターの役割」「他地域での取組み」等について説明をしています。

 清田区民ホールで行われた研修会には、150名近い参加者がおり、みなさん熱心にお話を聞かれており、また質疑応答の時間には積極的なご意見をたくさんいただきました。参加された皆様の想いや貴重なご意見を聞くことができ、身の引き締まる思いとともに、大変勉強にもなりました。

 また今回、清田区の相談支援事業所ノックの地域支援員の方にもご同席いただきました。ありがとうございました。

 清田区は災害支援についての取組みが活発で、5つある町内会連合会のうち2つの町内会連合会がすでに要配慮者名簿の提供を受け、個別避難計画の作成も進んでいるとうかがいました。今後は、ぜひ具体的な清田区の町内会での取組みをうかがう機会もあればとも感じました。

 今回、このような機会をいただきました清田区役所保健福祉部のみなさま、参加者のみなさまに感謝申し上げます。ありがとうございました。

                                        <aka>

手稲区千代ヶ丘北町内会 拡大役員会へ行ってきました

 平成29年6月3日(土)

  誰もが住みやすいあんしんのまちコーディネート事業関係で、手稲区千代ヶ丘北町内会の拡大役員会にお招きいただき、活動についてのご紹介をしてきました。

 手稲区千代ヶ丘北町内会は、以前より町内見守り活動を行っており、日々の見守りの活動の他に町内を5ブロックに分けて役員・班長で月に一度『見守り活動巡回』を行っているそうです。 また、災害時の要介護者や障がい者に対する『災害時支え合い活動』の取り組みも積極的に進めており、独自に「災害時支え合い活動取り組みステップ」を作成し、現在その計画をもとに町内会での取り組みを進めています。  

 この秋には避難訓練を行うことを目標に取り組みを進めているとのことで、町内会長や福祉部長を中心に、地域の意識の高さを感じました。

 当日は、拡大役員会議の前半の時間に勉強会を行うということで、札幌市保健福祉局総務課とワン・オールからお話をしています。 

 まず、札幌市保健福祉局総務課地域福祉推進係 筒井係長より「災害に備えた避難行動要支援者名簿情報の提供について」ということで、避難行動要支援者名簿の提供とその活用についての説明を。

 次にワン・オールから「誰もが住みやすいあんしんのまちコーディネート事業」の事業報告書から他の町内会での実践紹介や障がいのある方への接し方、避難の際の留意点などについてお話をしています。

 また、今回は手稲区の地域支援員が配置されている「相談室こころ ていね」からも同席いただきました。地域の取り組みと相談室がつながっていける一つになればと思います。

 千代ヶ丘町内会の活動については、今後も色々と教えていただきつつ、経過をご紹介していければと思います。千代ヶ丘北町内会のみなさま、貴重なお時間ありがとうございました。   (aka)