2017年12月11日(月)

ワン・オールかべ新聞

さっぽろ地域づくりネットワーク ワン・オールによる 障がい者支援に関する情報サイト

ワン・オールとは

ワン・オールの由来

さっぽろ地域づくりネットワーク「ワン・オール」

 「さっぽろ地域づくりネットワーク ワン・オール」は、札幌市が設置した“基幹相談支援センター”として2013(平成25)年7月に誕生しました。札幌市から委託された19番目の障がい者相談支援事業所ですが、その役割は他の委託相談支援事業所と少し違い「相談支援機関等の後方支援と地域生活支援の体制づくり」が主な仕事です。具体的な仕事は、①委託相談支援事業の後方支援②計画相談支援の推進③地域相談支援の推進④ピアサポーターによる相談支援活動の支援⑤自立支援協議会の事務局業務⑥その他、地域支援体制の構築に関することなどです。

 ワン・オールの由来は“ one for all ,all for one ”(一人はみんなのために、みんなは一人<目的・ミッション>のために)です。ワン・オールに与えられたミッションは、見過ごされてきた、見過ごされそうな街の課題にもきちんと目を向けながら、相談支援機関を中心にたくさんの方々と協働して、誰もが安心して生活できる地域づくりの一翼を担うことです。たくさんの方々のお力をお借りしながら、そしてたくさんの方々に利用していただきながら進んで行きたいと思っています。

ページの絵について

イメージ

 ページの下の絵は、手づくり絵本作家の萩原睦子さん(札幌市在住)に書いていただきました。イメージは、ワン・オールの近くの中島公園。萩原さんによると、ライラック(札幌の木)とななかまどをあしらった絵には、こんなストーリーが……。

 

今日はとっても良い天気。「どっか行こうよ。」「ねえ、おとうさん。」「そうだなぁ、Sも公園デビューするかぁ。」お父さんが笑いながら言うと、「TもMも、帽子をかぶってね。」とおかあさん。みんなで出かけるのは久しぶり。緑があふれる公園では思い思いに散歩を楽しんでいます。TはクラスのY君を見つけました。「来週は運動会だからおじいちゃんと来てたんだ。」「競争しようか?」「うん。」向こうで声援を送るお父さん。花冠を作っているMの側を通りながら「私も小さい時作ったわ。」おばあちゃんがニッコリ。すると、Mが「はい、プレゼント。」「まあ、ありがとう嬉しい!Oさんに散歩に連れてきて貰って良かった。」それを見てお母さんもニッコリ。 ♪つーながれ つーながれ なんてすてきな出会い!風に乗ってライラックの香りが流れてきました。

*Oさん:ワン・オール(one-all)の”O”だそうです。

発行・連絡先

<札幌市基幹相談支援センター>
さっぽろ地域づくりネットワーク
ワン・オール

〒064-0808
北海道札幌市中央区南8条西2丁目
市民活動プラザ星園302号 【 地図

TEL
011-213-0171
FAX
011-213-0172
MAIL
sapporo@one-all.net

委託相談情報共有
(パスワードが必要です)